出会い系を使いこなす人

男性で、出会い系サイトを使っている人の中には、上手くサイトを使う秘訣を知っている人もいるようです。
その秘訣とは「何種類かの人格を使いこなす」やり方です。
さまざまなケースに合わせて、自分のキャラクターを変えられるのです。

そしてその人格を変える時に、さらなる上級クラスのキーポイントを言うならば、アカウントを2つ用意し、それぞれのアカウントにその人格をあてはめ、女性一人に対して二種類の男性を提供するのです。

例をあげると、まず一人の男性を「エリート商社に勤めるサラリーマン」としましょう。
次にもう一方の男性を違ったキャラクターの「カリスマ的存在のシェフ」とします。

それから女性の理想像を見つけ、好みのキャラクターに的を絞るのです。
そのような手順を何度もやっていくと、徐々に「この女性はたぶん、こんな感じの男性が好みだろう」というのが自然に分かるのです。

そうなったらしめたもので、貴方は女性の気持ちが理解できたと言えるでしょう。
どのような傾向があるかがわかると、どういう時に女性が喜ぶかなどが理解でき、女性に人気が出るというわけです。
出会い系サイトでは実際に行動する前に、練習したり、計画をたてることも出来ます。
ぜひ次回、お試しください。

タグ

2011年12月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

異性と接する機会がないから。。

私は日常、ほんとに女性と接する機会もなく、仕事場と家を往復する日々でした。
そんな生活にピリオドを打ちたくて、最近、出会い系サイトに思い切って登録しました。
今度こそ女の子にどんどんアタックして彼女を見つけるぞっといき込んでいました。

最初のほうはまだ慣れてなくて、掲示板にも本当にシンプルな自分のプロフィールだけ書き込んでいました。
それだけでも、相当自分としては頑張ったのです。
そして女の子からの連絡を待つのみだと楽しみにしていました。

しかし、待てどもくらせども女の子からは全然連絡がありません。
ある男性は女性から何十通と連絡があると言いながらも、喜んでいましたが、自分にはその兆しはまったくなかったのです。

今から思うと、自己紹介の中での自分の自信のなさが丸見えだったのかなと思います。

その内容は自分から見ても、どんよりしていて、自信が感じられず、女性が興味を持つような男性にはとうてい見えなかったと思います。

これからもくじけず、出会い系のサイトを使おうと思いますが、次回からは自己紹介ももっと自信を持って書き込んでいこうと思います。

やっぱりポイントがあるんですね。
たくさんの女性から連絡をもらおうと思えば。

タグ

2011年12月8日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:体験談

息子を変えた女性

私はその時まで出会い系サイトについてはまったく無知でした。
それを知ったのは、ある請求書が手元に送られてきたからです。
私は50代の女性で20代の息子がいます。

息子はフリーターで、日雇いのアルバイトをして、どうにか生活をしているといった具合です。
でも、自分の力だけで生活できず、携帯電話の料金はいつも私が払っていました。

携帯料金は通常、月々5千円くらいなのに、ある時期から金額が万単位に跳ね上ってきたのです。
息子を突き詰めると、「出会い系サイトを使って、女性とメール交換してたらこんな料金になった」と言います。

私は落胆しましたが、なんとか支払いました。
するとある日、息子が「ニートから脱して、真剣に就職を探す」と言い、だらっとした格好から、スーツを着るようになりやっと一人前の大人になったな、と嬉しかったのですが、息子が「出会い系のサイトで出会った女性が、ニートは私の理想の男性の候補ではない」て言うので、ちゃんと就職しなくてはと思ったというのです。

そのきっかけはどうであれ、私からすると息子が何か目標をもって進んでいるのは頼もしいので、これからもサポートしていきたいと思っています。

就職がうまく出来れば、その女性との間も進展するかもしれませんし、携帯の料金も自分で払う余裕ができるでしょう。

タグ

2011年12月7日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:体験談

このページの先頭へ