息子を変えた女性

私はその時まで出会い系サイトについてはまったく無知でした。
それを知ったのは、ある請求書が手元に送られてきたからです。
私は50代の女性で20代の息子がいます。

息子はフリーターで、日雇いのアルバイトをして、どうにか生活をしているといった具合です。
でも、自分の力だけで生活できず、携帯電話の料金はいつも私が払っていました。

携帯料金は通常、月々5千円くらいなのに、ある時期から金額が万単位に跳ね上ってきたのです。
息子を突き詰めると、「出会い系サイトを使って、女性とメール交換してたらこんな料金になった」と言います。

私は落胆しましたが、なんとか支払いました。
するとある日、息子が「ニートから脱して、真剣に就職を探す」と言い、だらっとした格好から、スーツを着るようになりやっと一人前の大人になったな、と嬉しかったのですが、息子が「出会い系のサイトで出会った女性が、ニートは私の理想の男性の候補ではない」て言うので、ちゃんと就職しなくてはと思ったというのです。

そのきっかけはどうであれ、私からすると息子が何か目標をもって進んでいるのは頼もしいので、これからもサポートしていきたいと思っています。

就職がうまく出来れば、その女性との間も進展するかもしれませんし、携帯の料金も自分で払う余裕ができるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

このページの先頭へ